なにかを見つけよう

小人閑忙

若者の未婚、晩婚化が増えるワケ―結婚について考えてみよう

投稿日:

「50歳まで一度も結婚したことがない人」の割合を示す生涯未婚率は、2015年の調査で男性23%、女性14%と過去最高になっている。
一方で、いずれ結婚したいと考えている人の割合は、男性86%、女性89%という結果になっている。⇒生涯未婚率グラフ過去推移
最も婚姻数の多かった1972年と2015年を比べると、お見合い及び職場結婚数の減少が婚姻総数の減少分と一致する。未婚率増加は若者の草食化が原因とも言われているが、「お見合い」や「職場結婚」の減少も一因と言えそうだ。⇒婚姻数比較
こうした社会的システムが減少したこと、また経済的な面も理由として挙げられそうだが、調査によると結婚しない理由としては若い人は「まだ若すぎる」等、25歳~34歳あたりになると「適当な相手に巡り合わない」等が主であるようだ。⇒結婚しない理由 アンケート等

ここで、そもそも結婚とは何なのか、少し掘り下げてみたい。日本の民法では、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と定められている。しかし世界を見渡せば一夫一妻制のみならず一夫多妻制、一妻多夫制などあらゆる婚姻の形式が存在する。⇒結婚とは? 各国の比較
こういった様々な結婚の起源は、子育ての為に生まれたシステムであるとも言えそうだ。
類人猿を祖先に持つ人類は直立二足歩行をするようになり、道具を使うようになったが、その過程で女性の骨盤が変形し産道が狭くなった。それによって未熟な赤子が生まれるようになったが、外敵から身を守ったり食べ物を得るために、特定の男性といわば契約を結ぶ、つまり結婚が必要になったという説がそれだ。⇒結婚の歴史、考察

ではあなたは類人猿に例えるとどんなタイプなのか?こんな性格診断もある。⇒類人猿診断
社会情勢は当然変化する。今はネットを活用するなど、出会いの切り口も様々だ。マッチングサービスを活用するのも一つの手かもしれない。⇒マッチングサービス一覧
あなたに合った愛の形を探しましょう。

Copyright© 小人閑忙 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.