なにかを見つけよう

小人閑忙

日本型一括採用の是非、大学生と企業

投稿日:

大学を卒業する前に、いわゆる就職活動を経験した人、これから経験する人は多いはずだ。
一様にリクルートスーツに身をつつんだ学生を見かけることもあるだろう。没個性などと揶揄されることもあるが、そもそもいつから、そしてなぜこのような形式になったのかご存知だろうか?
明治時代に、三井・三菱といった企業が行ったことがそのはじまりとなったようだ。そして戦後の経済発展、人手不足に従い、終身雇用制度などが整えられていく中で、世の中に浸透した。⇒新卒一括採用の歴史
しかし昨今の働き方改革などの影響もあり、今の日本にこの制度が適しているのか、どう変えるべきなのか、といったことが議論されている。では、世界の他の国はどのような就活事情なのだろうか?日本では会社に就職した後スキルを醸成していくが、海外はそうではないことが多いようだ。⇒世界の就活事情
日本では新入社員は必ずしも即戦力として期待されていない。入社後に育ててくれることが多いからだ。その為、就職の際に成績を厳しくみられることはそんなにない。面接などでは、コミュニケーションスキルといったことが問われることが多いだろう。結果として日本の大学生は、勉強時間という意味では、平均的にあまり時間を割いていないようだ。勉強しない日本の大学生 日米大学生の勉強への意識の違い
では新卒一括採用は悪なのか?必ずしもそうとは言えないかもしれない。例えばあるポストが空いたとき、中途採用ならば外から採用する必要が生じるが、適した人が見つかるとは限らない。しかし日本型一括採用システムであれば、終身雇用を前提としたシステムであるが故、若手など社内にどこかしら適した人材がいる可能性が高い。「総合職」等職務単位での採用が少ないこともその背景である。⇒なぜ新卒一括採用がなくならないか?
時代と共に働き方も、その内容も変化する。振り回される学生や企業はいるだろうが、変化を楽しんでいきたいものだ。⇒これからの就活はどうなる?

Copyright© 小人閑忙 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.